看護師の転職・求人・募集ガイド

看護師の求人・派遣・転職のお仕事探しなら看護師の転職・求人・募集ガイド。高月給の看護師転職サイトを徹底比較!。

看護師とは何?

基礎知識更新日:

厚生労働省の免許を受けて,傷病者や褥婦の看護や診療の補助を行なうことを業とする人。女性は「看護婦」,男性は「看護士」と呼ばれていたが,2001年に保健婦助産婦看護婦法が保健師助産師看護師法に改正されたのに伴って,2002年から男女とも「看護師」に統一された。

資格は高等学校卒業後3年以上,文部科学大臣,厚生労働大臣の指定を受けた学校または養成所で勉強し,国家試験に合格した者に与えられる。学校には4年制大学のほか短期大学や病院付属の養成所などがある。このほかに,中学校または高等学校卒業後2年間,都道府県知事指定の養成所,職業学校の衛生看護科などで学び,所定の試験に合格した人に准看護師の資格が与えられ,3年以上実務を経験するか,高等学校卒業者の場合は2年課程の再教育を受けてから,国家試験を受けて看護師 (正看護師) になる道がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について

看護師

2002年3月から看護婦の名称が、看護師と変わった。01年12月の保健婦助産婦看護婦法改正によるもので、男女共通で保健師、助産師、看護師となり、法律名も保健師助産師看護師法に変更された。看護は元は男性の仕事だったが、1886年に日本で初めての看護婦養成所ができ、1900年頃から看護婦が定着、女性主体の職になった。日本看護協会は96年、大学院修士課程修了・経験5年の専門看護師(がん、精神など)制度を、97年からは実務的な認定看護師(救急、WOC=床ずれ、人工肛門、尿失禁など)制度を創設している。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について

傷病者の看護および療養上の世話、医師の診療の補助を職業とする者。国家試験に合格し、厚生労働大臣の免許を受けた者。
[補説]平成14年(2002)3月施行の「保健婦助産婦看護婦法の一部を改正する法律」により、それまで使用されていた「看護婦(女性)」「看護士(男性)」から、男女の区別のない現名称へと変更された。また同法では「准看護婦」から「准看護師」、「保健婦」から「保健師」、「助産婦」から「助産師」への変更も規定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉について

看護師
かんごし

厚生労働大臣の免許を受けて傷病者や褥婦(じょくふ)に対する療養上の世話、または診療の補助を業とする者をいう(保健師助産師看護師法における定義)。
2001年(平成13)「保健婦助産婦看護婦法の一部を改正する法律」(平成13年法律第153号)により、それまでの「看護婦」「看護士」は「性別による相違をなくする名称の統一」として「看護師」と改められ、2002年3月より施行となった。看護を職業として確立させたのは、イギリスのフローレンス・ナイチンゲールである。それ以前の看護活動は宗教色が強く、尼僧や僧侶(そうりょ)が教義の実践として行ったものであったが、ナイチンゲールは1854年のクリミア戦争での活躍を契機に、看護を宗教から分離させ、教育制度を整えて職業として確立させた。日本でこの教育制度を導入して看護婦教育所を発足させたのは1886年(明治19)で、2年後の88年に教育を受けた看護婦が誕生した。第二次世界大戦後、社会の諸科学の進歩、医学の急速な進歩発展のなかで、看護教育の水準向上が必要となり、1948年(昭和23)に「保健婦助産婦看護婦法」が公布された。また、この法は1968年の改正(昭和43年法律第84号)をもって男性看護士を誕生させた。従来男性は「看護人」とよばれていたが、これによって教育、免許、資格など看護婦と同様になった。職域も、中心であった精神科病院から1968年以降は一般病院に拡大され、小児病棟、高齢者病棟、救急部門、手術室などではその特性を十分に発揮し、社会から期待されている。また男女共学校の増加とともに教員として活躍する者も増加してきている。

看護師になるためには、高等学校卒業後、文部科学大臣の指定した学校または厚生労働大臣の指定した看護師養成所で、看護師になるために必要な学科を3年以上修めたのち、看護師国家試験に合格しなければならない。すでに准看護師の免許をもっている者の場合は、免許取得後3年以上の業務経験を経たのち(高等学校卒業者は経験年数不要)、前述の学校または養成所で2年以上修学すれば前者と同様に看護師国家試験受験資格が得られる。外国の看護学校を卒業した者、あるいは外国で看護師免許を得た者は、厚生労働大臣が国家試験に合格した者と同等以上の資格があるとみなした場合、日本においても看護師として認められる。また看護師は高い倫理性が要求される職業であるから、罰金以上の刑に処せられた者、業務上の犯罪または不正行為のあった者、心身の障害により業務を適正に行うことができない者、麻薬、大麻(たいま)またはアヘンの中毒者は、不適当とされて免許が与えられない。また免許が与えられた者でも、これらの条件に抵触する場合は免許取消しや業務停止などの処分を受ける。

日本で4年制の看護大学が誕生したのは、1952年(昭和27)であったが、その後大学開学は遅々として進まなかった。しかし、保健医療の概念の変化、少子高齢化に伴う福祉政策の進展、社会の高学歴化などによって看護はその独自の機能を認められつつあり、活動の場も病院にとどまらず、地域、家庭、学校、産業、福祉施設などへと拡大されてきている。そのような時代の要請のなかで1992年(平成4)以降、教育形態が、養成所から大学、大学院へと急速に設置変更、増設されてきている。2008年3月末に大学は158校となり、大学院も比例して開設が進められ、今後も増設が見込まれている。

大学院開設によって1996年に専門看護師が誕生した。これは、日本国の保健師、助産師、看護師のいずれかの免許をもち、看護系の大学院修士課程(専門看護師教育課程設置院)で、看護分野を履修して卒業し、看護経験5年以上のうち専門分野看護3年以上の経験者が、認定試験を受けて認定される。特定の看護領域において高度な専門知識と技術をもち、実践能力、指導能力の高い看護師である。専門性により臨床家、教育者、管理者、コンサルタント、研究者として、癌(がん)看護、精神看護などの10分野にわたって活躍している。

また、より実務的な専門家として、認定看護師も1997年に誕生した。こちらは学歴を問わず、実務経験5年以上でそのうち3年以上の特定分野経験をもつ者が、6か月の専門教育を受け認定試験を受ける。救急看護、皮膚・排泄ケア等、19分野にわたっているが、拡大が予定されており、癌放射線治療看護分野が2010年に誕生する。認定看護師はチーム医療のなかで、より患者サイドに立つ重要な役割を果たしている。1999年には認定看護管理者も誕生した。

なお、日本看護協会は国際看護師協会(ICN)に加入しており、1977年(昭和52)に東京で国際看護師協会第16回大会を開催した。[山根信子]
『厚生省医務局看護課編『教育と実務のための看護関係法規集』(1972・厚生問題研究会) ▽土曜会歴史部会著『日本近代看護の夜明け』(1973・医学書院) ▽小林富美栄・久保庭和子編『ICNと日本看護協会』(1977・日本看護協会出版会) ▽J・A・ドラン著、小野泰博・内尾貞子訳『看護・医療の歴史』(1978・誠信書房) ▽金子光著『保健婦助産婦看護婦法の解説』第47版(1992・日本医事新報社) ▽看護行政研究会監修『看護六法』各年版(新日本法規出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について

看護(かんご、英: Nursing)は、個人や家族、地域社会が最大限の健康を取り戻し、できる限り質の高い生活ができることを目的とした支援的活動である。職業人である看護師の行う実践を指す場合が多いが、患者の家族などが病気や障害などを理由に生活上の困難を抱えている患者などに対して日常生活における世話や情緒的に支えることなどを含むこともある。

看護を職業として実践しているのは看護師(かんごし、Nurse)であり、疾病者や褥婦(じょくふ、=出産後の女性)などの療養上の世話または診療の補助などをすることを業とする人のことである。コ・メディカルに分類される。看護師を育成する教育は看護教育である。

看護を学問的に支えるのが看護学であり、他の成熟した学問分野と同様、医学や哲学など他の学問領域の知見や、各国の世界観・価値観のような文化的な背景を踏まえ、人のよりよい生に関わっていくための知識や技術、さまざまな理論を発展させてきた。こうした看護理論やその他の知見は実際の看護の根拠や基盤となって、その発展に寄与している。

看護は他の医療職種の活動に比べて、対象者の個別の疾患や機能とその回復に関心を持つだけでなく、人の生き死にや生き様、個人を取り巻く家族や環境など全人的な視野と関心をもって行われる点に特徴がある。

出典 Wikipedia

看護職とは

人の心に触れ、寄り添い、力になる

看護職とは、保健師助産師看護師法に基づく、保健師・助産師・看護師・准看護師のことをいい、看護職の仕事は、科学的な知識や技術をもちいて、人々の健康を守り、豊かな生活が送れるよう支援をする大切な仕事です。

看護職の資格には、下で挙げる4つの資格があります。

望めば“生涯の仕事”になります。

国の法律で定められた4つの資格

保健師

地域生活の安全と健康をサポートする

地域に住む赤ちゃんからお年寄りまで、その地域で生活している人たちの健康保持・増進に向けた支援を行い、予防や衛生等の活動を行う仕事です。

健康な人も病気を持っている人も全ての人を対象にしています。

また、各種事業所(企業)・学校などにおいて職員・学童・生徒の健康管理を行う仕事もします。

助産師

命の誕生を助け、女性の生涯に寄り添い力になる

妊娠から出産までの援助を行い、出産時には分娩を介助し、新生児などのケアも行う仕事です。

思春期、更年期など女性の健康全般を支えることも重要な仕事です。助産師は、「助産院」を開業できます。

看護師

患者さんの痛みや苦しみに寄り添い、励まし援助する

治療を受けながら生活する患者さんの援助を行うのが主な仕事です。

医療チームの一員として、専門的な知識、技術に基づいて患者さんのケアや診療の介助をします。

患者さんと接する時間が多く、患者さんの身体と心の両面をサポートし、他職種との連携を図り、患者さんにとってより良い療養環境をつくります。臨床経験後には、認定看護師、専門看護師などのスペシャリストを目指せます。

准看護師

看護師をサポートし、患者さんを援助する

病気や怪我で入院してくる人の療養のケア、医師の診療の介助をします。

准看護師も業務内容としては、看護師と同じように患者さんのケアを行いますが、看護師と違い准看護師は、医師・歯科医師又は看護師の指示を受けて業務を行います。

准看護師の仕事をしながら、看護師を目指せます。

広がる看護職の活動の場

看護職は免許に応じて、病院・診療所をはじめ、保健所、市町村保健センターなど幅広い場所で活動しています。

出典 Fukuoka Nursing Association

当サイトからのお申込数ランキング!

12万件以上の事業所情報から、あなたの理想の職場が見つかります
看護のお仕事
「看護のお仕事」では、経験豊富なキャリアアドバイザーによる無料の転職フルサポートサービスを行なっております。 転職は、「悩む」ところから始まり、希望の病院の「情報収集や選択」、「面接の設定」、「条件交渉」などといった難関がいくつもあります。「看護のお仕事」では、そのひとつひとつを丁寧にサポート。全国12万件以上の事業所情報を元に、あなたの希望条件にあう職場をご紹介させていただきます。 これだけのサポートが無料で受けられるのは、多くの看護師さんが「看護のお仕事」を通して転職されているからこそ。 転職されなかった場合も相談料などはいただいておりません。掲載以外のご希望病院でもしっかりサポートいたします
おすすめポイント
  • 12万件以上の事業所情報から、あなたの理想の職場が見つかります
  • 専任のキャリアアドバイザーが、転職成功までの道のりを支援
  • 新しいスタートの皆様に、最大12万円の転職支援金をプレゼント!
  • 北海道から九州・沖縄まで、業界トップクラスの求人情報量
  • 全てのサービスが無料
【お申し込みはこちらから】
看護のお仕事

>> 詳細はこちら

医療機関の求人情報を扱うサイトとして国内最大級!
マイナビ看護師
新卒学生向けの就職情報サイト「マイナビ」や、正社員転職サイトの「マイナビ転職」で圧倒的な知名度を持つマイナビが運営の看護師のための専門転職支援サービス「マイナビ看護師」。 病院やクリニックなどの医療機関の求人情報を扱うサイトとして国内最大級です。キャリアアドバイザーが求人の紹介や面接対策のアドバイス、内定時の待遇・年収交渉などを無料で行なってくれる転職支援サービスも国内トップクラスの実績を誇ります。 マイナビ看護師の転職支援サービスを利用するメリットは、忙しい仕事を続けながら、転職事例をよく知るプロに希望条件に合わせた情報を紹介してもらう事ができることです。また、選考通過の確率を上げるための具体的なアドバイスがもらえることと、各種条件交渉を代行してもらえる点などです。 また、過去の転職例などの情報を長年にわたって蓄積しているので、志望する医療機関の職場事情や労働条件をキャリアアドバイザーが効率的にヒアリング、アドバイスすることができます。
おすすめポイント
  • 会うから安心キャリア面談
  • 実際のトコロを良く知っている
  • 全国展開安心のマイナビブランド
【お申し込みはこちらから】
マイナビ看護師

>> 詳細はこちら

最大40万円のお祝い金の支給。非公開が多いです!
ジョブデポ看護師
ジョブデポは、8万件以上の求人情報を保有しており、その8割が非公開となっています。なので、通常の転職サイトなどに記載されていない情報が豊富で、掘り出し物の求人情報が見つかるかもしれません。年間で2万人以上の利用者がいて人気の転職サイトです。 魅力の一つとして、最大40万円のお祝い金の支給があります。お祝い金を出す業者は多いですが、その中でもトップクラスに金額が多いです。ジョブデポは広告費を押さえて口コミだけで広がっているので、余った予算を利用者に還元しているので、高額なお祝い金を支給できるわけです。 また、好条件の求人が揃っています。「年収600万円以上」「土日休み」「夜勤なし」「残業なし」「託児所完備」など、高待遇の案件を見つけるのも容易です。キャリアアップを考えている人やプライベートを充実させたい人など、様々なニーズの利用者に対応しています。
おすすめポイント
  • 最大40万円のお祝い金の支給
  • 業界最大級の求人件数を誇っており、対応も丁寧で迅速
  • 年に2万人以上が利用している人気サイト
  • 8万件以上の求人情報
  • 非公開求人が多い
【お申し込みはこちらから】
ジョブデポ看護師

>> 詳細はこちら

 
LINEで送る
Pocket